足中心の生活

足のことや靴のこと+インソール。靴選びって、どうしたらいいの?あなたの足の不安に寄り添うブログ

履きやすいと歩きやすいは違う

履きやすいと歩きやすいは違う

履きやすいと歩きやすいは違う

こんにちは。

足の調子はどうですか?

 

今回は、

履きやすいと歩きやすいは違う!

と言う内容になっています。

是非、最後までご覧ください。

 

 

あなたの靴を選ぶポイントはありますか?

靴選びのポイントや、

こだわりは人それぞれですよね。

 

私が靴選びの現場に携わって、

かれこれ15年経ちました。

この15年でたくさんの方と、

そして、その方々の足と向き合ってきました。

 

様々なお客様がいる中で、

お客様に靴選びのこだわりをお伺いすると、

ポイントとして上げることが多いのが、履きやすい靴です。

 

履きやすい靴とはどんな靴でしょう?

皆さんのイメージする履きやすい靴は、

脱ぎ履きがしやすい靴ではないでしょうか?

脱ぎ履きがしやすいから良い靴」と言うマインドになっていませんか?

脱ぎ履きを中心とした靴選びは、

はっきり言って、自分の足に合わない靴を選んでしまう原因になります。

なぜなら、履きやすいと言うことは脱げやすいと言うことです。

それでは、歩いた時に靴の中で足が動きすぎて、

足が靴にサポートされず、ストレスを生んでしまうのです。

 

まず、靴選びで考えていただきたいのが、

人はなぜ靴を履くのか?と言うことです。

 

人が靴を履くのは、歩くためです。 

ですから、歩くために靴を選ぶことが重要です。

歩くために靴を履くのに、

ほとんどの方が、脱ぎ履きを重要視しています。

それはなぜでしょうか?

 

私の考えでは、正しい靴の履き方や選び方は学校で習わないからです。

私のように個人的に知識を得ようとした人が、

近くにいない場合、知る機会が非常に少ないことが原因です。

大手チェーン店の靴屋さんが増えていますが、

大手になれば人件費の問題があり、

スペシャリストがいない現状です。

だからこそ、少しでもこのブログが知るきっかけになれば、

私は嬉しいです。

 

少し話が逸れてしまいましたが、戻しましょう。

靴を選ぶ上で、脱ぎ履きを重要視するのではなく、

歩いた時に足と靴が一緒に動くような感触の靴を選びましょう。

わかりやすく言うと、、

脱ぎ履きを重要視することで、

自分の足よりも大きいサイズの靴を選んでいる人が多いのです。

 

少し足が入りにくい靴の方が、足に合っていることが多いです。

初めはフィット感が強いかもしれませんが、

ピッタリと足にマッチした靴は、

歩いた時に気持ちがいいものです。

 

脱ぎ履きがしやすい靴ではなく、歩きやすい靴を選びましょう

 

脱ぎ履きがしやすい、履きやすい靴は、

ただ履きやすいだけで、あなたの体を疲れさせてしまいます

しかし、歩きやすい靴は、

脱ぎ履きに手間はかかりますが、

きっとあなたの体に良い影響を与えてくれるでしょう

靴は足を支えるために、人間になくてはならないアイテムです。

靴はあなたの歩行をサポートし、

正しい歩き方に導き、正しい筋肉がつくことで、

あなたの綺麗な姿勢にもつながっていくことでしょう。

 

この記事が、

あなたの靴選びに少しでも貢献できれば幸いです。

YouTubeのもやっているので、

是非、遊びに来てください。

最後までお付き合いいただき、

ありがとうございました。

www.youtube.com