足中心の生活

足のことや靴のこと+インソール。靴選びって、どうしたらいいの?あなたの足の不安に寄り添うブログ

靴選びは健康にも関わる大切なこと

靴選びは健康にも関わる大切なこと

こんにちは。

 

今回は靴選びと健康のお話です。

なぜ今回はこのお話をしようと思ったかと言うと、

これから長寿の時代がやってくると言われています。

 

今の子どもの2人に1人が100歳以上生きると言われていて、

私たちの寿命は確実に伸びています。

今でも100歳以上のお年寄りが増えている中で、

もしかしたら、

私たちも100歳程度生きる可能性が高いと言えます。

 

そんな長寿の時代になると、

世の中は、

これからどういった感じになるのでしょうか?

きっと、外に出ると高齢者が沢山いる状態になるでしょう。

その頃にはAIが発達して、便利な時代になっていることでしょう。

便利な時代になったとしても変わらないことがあると思います。

人は考えて、行動して、楽しむでしょう。

そしてどんなに便利になっても、

自分の足で歩くことに変わりはないと考えます。

 

年を重ねていく中で、足が弱ってしまう方が多いです。

私は靴屋として、たくさんの方とお話してきました。

おそらくこの15年で10万人以上の方とお話したと思います。

その経験で分かったことがあります。

足にトラブルを抱える方のほとんどが、

自分の足のことに対して無頓着だと言うことです。

きっと、足のことを知る機会がないため、

自分の足と向き合う機会がなかったのだと思います。

特に昔は、バブルと言われる好景気が日本で起こりました。

私は子どもだったので、リアルにバブルを実感することはありませんでした。

しかし、今の50歳以上の方は経験している方が多く、

そこで根付いた考え方が、

これからの足の健康に対して邪魔をしているような印象です。

 

その原因が、お洒落は足元からと言いますが、

足に合っていない靴でもお洒落だと感じたら、

これがいいと言う感覚で選ぶ方が多いのです。

もちろん靴に対しての美意識も必要だと思います。

その美意識を高めると心が豊かになるのもわかります。

しかし、足が痛くなると言うことはそれだけリスクの高いことを、

続けた結果だと私は考えます。

 

足が痛いと言っている人は、

ほとんどの場合、足だけの痛みではないのです。

膝が痛かったり、腰が痛かったりします。

そして、靴が足に合っていないことで、

靴が足のサポートをせず、

歩き方や姿勢を崩す原因になっていることが多々あります。

 

なぜそれがわかるのか?

靴を見ればわかります。

人によって足の癖や、歩き方を理解することが靴からできるのです。

自分の足のことを大事にしている方と、

自分の足に無頓着の方では、靴を見れば違いに気付くのです。

 

自分の足のことを大事にしている方は、

靴を選ぶ時にも、

自分の足に合っているのかを、丁寧に確認します。

もちろん靴の脱ぎ履きも丁寧にします。

一方、足に無頓着な方は、

靴を選ぶ時もスピード重視で、両足履いて歩くことをせず、

サイズだけを見て、これでいいと言う方もいます。

靴を履く時は紐もほどかずに、

すぐに足が入るか脱げるかばかりを気にしています。

こうやって、文字にしただけでも、

違いに気付くのではないでしょうか?

どちらが足の寿命を伸ばすことができるでしょうか?

 

最初の話に戻ってしましますが、

あなたが、もし100歳まで生きると仮定した場合、

今の靴の履き方、選び方で足は今のように動き続けてくれるでしょうか?

実は私がお話したことは、そんなに難しいことではないのです。

靴の履き方は今日からでも変えることができるし、

靴もすぐに買いに行くことができるのです。

少しでも、足元からの健康について意識していただけると、

私は嬉しいです。

 

YouTubeでも発信しているので、

よかったら見てもらえると嬉しいです。

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

www.youtube.com