足中心の生活

足のことや靴のこと+インソール。靴選びって、どうしたらいいの?あなたの足の不安に寄り添うブログ

足の爪や甲が痛む原因と改善方法

足の爪や甲が痛む原因と改善方法

 

足の爪や甲が痛む原因と改善方法

 

こんにちは!

 

足の調子はいかがですか?

 

今回は足の爪が痛んだり、足の甲が痛くなってしまう方に読んで頂きたいです。

 

何が原因でどうすればいいのかがわかる内容になっています。

 

是非、最後までご覧ください。

 

 

 

 

 

 

足の爪や足の甲が痛む原因は?

足の爪や甲が痛む原因


 

あなたは、自分では気づかない間に「足の爪が変な感じになってる」「最初は大丈夫なのに、歩いた後に足の甲が痛くなる」など、こんな経験や、今その状態になっていますか?

 

もし足にこのようなトラブルが起きているのであれば、まずは原因を知ることが大切です。

 

なぜ足の爪が痛んだり、足の甲が歩いたあと痛くなったりするのでしょうか?

 

考えられる大きな原因は2つ

 

  1. 靴の履き方が原因
  2. 靴のサイズが原因

 

なぜこの2つが原因なのかを説明していきます。

 

 

足の爪や甲が痛む原因【靴の履き方】

 

靴の履き方が原因といっても、どういうこと?

って思いますよね。

 

どんな履き方があなたの足に悪影響を及ぼしているでしょうか?

 

靴ひもをゆるく履いている

 

靴ひもをゆるく履いているという方は、意外と多いのではないでしょうか?

 

あなたは靴ひもをゆるく履いていますか?

 

もし、そうなら足が痛む原因を作ってしまっているかもしれません。

靴ひもをゆるく履くのがなぜ足に悪影響を与えてしまうのでしょうか?

 

靴ひもをゆるく履くことで、足と靴の間に必要以上の隙間を与えてしまいます。

 

その隙間を与えることこそが大きな原因です。

 

なぜ隙間があることが原因で足の爪や甲が痛んでしまうのか?

それは、足と靴の間に隙間があることによって、足が靴の中で前後左右に動いてしまうからです。

 

例えば歩く時、基本的に前に歩きますよね?

前に歩くと体重が前に移動するので、靴ひもがゆるいままで歩くと、足が靴の中で前に滑っていってしまいます。

 

そうすると、靴ひもがゆるい状態なので、歩くたびに足の爪が靴のつま先部分に衝突してしまうのです。

それを毎日何千歩、何万歩と繰り返してしまうとどうなるでしょうか?

何回も爪がつま先に衝突を繰り返すことで、足の爪が痛んでしまうのです。

 

足の甲が痛くなってしまうのも、爪が靴のつま先部分に衝突して痛むのと同じように、靴ひもをゆるくして履くことで、足の甲の部分に足が何度も当たることで痛みが出てしまうのです。

 

靴ひもをゆるく履くことは、脱ぎ履きしやすいというメリット以外は、ほとんどデメリットしかないと言うことです。

 

靴ひも以外の原因

 

靴ひも意外での原因で考えられるのは、自分の足よりも大きなサイズを履いていることです。

 

オーバーサイズで履いている人も同じように、足が前に入りこむので、爪が痛んだり甲が痛くなったりしてしまいます。

 

それ以外に考えられる可能性は、靴ひもがない靴を長時間履いて歩くことです。

 

靴ひもがない靴は、脱ぎ履きがしやすく便利なので、よく履いてる方も見かけます。

靴ひもがない靴は、はじめはフィットがあるように感じますが、履き慣れてくると必ず余分な隙間が足と靴の間にできてしまいます。

 

そうなると歩いた時に足に負担をかかってしまいます。

そうならない様に、靴ひもがない靴は長時間ではなく、短時間使用する時のみにしましょう。

 

 

 足の爪や甲が痛む原因【靴のサイズ】

足の爪や甲が痛む原因【靴のサイズ】


 

足の爪や甲が痛む原因として、靴のサイズも大きな影響があります。

 

靴のサイズ?って思われる方もいると思いますが、実はほとんどの方が自分の足にあっていない靴を履いています。

なぜそう言い切れるかというと、私自身が毎日お客様と向き合い、毎日のようにお客様の足を測っているからです。

その経験をもとにお話をしています。

 

足に合わない靴を履いている方で、特に多いのが自分の足よりも大きい靴を履いていることです。

 

 それはどういうことかいうと、大きい靴、ゆるい靴を履いてしまうことで、歩くたびに足が前に入り込み、爪が靴のつま先部分にぶつかり、足の甲が毎回のようにぶつかる

そんな状況にしてしまいます。

 

足にとっては靴ひもをゆるく履いている状態と同じ、もしくはそれよりも大変です。

もしお時間があるなら、自分の靴と足がどうなのか考えてみてください。

 

つま先が気になる方はこちらもどうぞ

www.tamuson.work

 

履き方やサイズの改善方法

 

靴の履き方は

  1. まず靴ひもを緩めて足を入れる
  2. 足を入れたら、足を靴の踵の方にピッタリ寄せる
  3. つま先の方から靴ひもを足にフィットさせていく
  4. 一番上で結ぶ

このように履くときに意識してみてください。

 

「靴ひもは一番上まで通した方がいいですか」と聞かれることがありますが、必ず1番上まで通しましょう。

なぜそうした方がいいかは、ご自身で体感してみてください。

一番上まで通して歩くのと、通さずに歩くのではどう違うか感じると思います。

 

1番上まで通して歩くと、足と靴の間に余分な隙間が少なくなり足と靴との連動性が上がります。そうすることで、あなたの靴がより軽く感じるでしょう。

 

通さない場合は、足と靴に余分な隙間が生じ、足と靴の連動性が下がってしまうので、疲れる歩き方になったり、足の筋肉に過剰に負担をかけてしまいます。

 

履き方を正しくするだけでも、1日の疲れが変わってくるでしょう。

 

 

靴にサイズについては

正直サイズはなんともなりません。

少し大きくても靴ひもでなんとかなると思う方もいると思います。

しかし、それでもやはり隙間が生じてしまいます。

 

大切なのは靴よりもあなたの足です。

 

思い切って足のサイズに合うものを購入することをお勧めします。

最悪、少しの隙間なら中敷きを入れるのも一つの方法です。

しかし、パフォーマンスが大事なランニングシューズなどは、中敷きではどうにもならないので、足に合うシューズにするようにしましょう。

 

 

www.tamuson.work

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

脱ぎ履きが重要でゆるく履いたり、大きめのサイズを履いていませんか?

これを機会にあなたの足に靴があっているのかチェックしてください。

もし、可能なら見直していただけると嬉しいです。

 

twitterもやっていますので、そちらのDMにご相談いただいてもOKです。

すぐに返せなかったら、ごめんなさい。

 

少しでもあなたの足の悩みに答えられたら幸いです。

 

今回は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!