足中心の生活

足のことや靴のこと+インソール。靴選びって、どうしたらいいの?あなたの足の不安に寄り添うブログ

60代男性にオススメのスニーカーと選び方のポイント

60代男性にオススメのスニーカー

 

こんにちは!

 

今回は60代男性にオススメのスニーカーを紹介したいと思います。

 

あなたは靴の選び方が気になる60代男性ですか?

もしくはそのご家族で「お父さんの足や靴が心配」と思っている方にオススメの内容になっています。

 

それでは是非、最後までご覧ください。

 

 

 

 

60代男性にオススメのスニーカーと選び方のポイント

60代男性にオススメのスニーカーと選び方のポイント

60代男性のオススメのスニーカーを紹介する前に、靴を選ぶポイントからお話してきたいと思います。

 

まず初めに選ぶポイントを押さえることで、あなたに合った靴がより高い精度で見つかることでしょう。

 

60代男性の体力と運動の重要性

60代になってくると、大げさではなく体力の低下が大きいと言われています。

実際に男性の平均寿命と健康寿命を見てください。

 

男性の平均寿命は79.55歳

平均健康寿命は70.42歳

 厚生労働省より引用

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/dl/chiiki-gyousei_03_02.pdf

 

様々のな要因があると思いますが、健康寿命と平均寿命の差が9年もあります。

そこで厚生労働省は運動を習慣化するようにすすめています。

 

特にウォーキングをすすめています。

ウォーキングは手軽に始めやすく、習慣化しやすい運動と言えます。

人間の体の筋肉の内、6〜7割は足の筋肉です。

足の筋肉が衰えてしまうことは、体に大きな影響を与えてしまいます。

ですから、ウォーキングはシンプルですが、すごく体に良い足の筋肉を鍛えるトレーニングになります。

 

特に年齢を重ねてくると、筋力低下で土踏まずなどのアーチが下がってしまう方も多いです。

扁平足になることで、体のバランスが崩れてしまい、ひざ痛や腰痛になる場合があります。

足を使うことで、体を支える筋肉を取り戻し、維持していくことがとても大切です。

 

そして、毎日のウォーキングを快適に行うのにとても大切なのが靴です。

足に合った靴を履くことで、毎日のウォーキングに役立てることができます。

生活をする場合にも、その快適性から普段履きように選ぶ方も多いです。

 

 そして、歩くときに唯一地面と触れているのが靴です。

ですから、足のサポートをしてくれるのも基本的に靴しかないのです。

靴を選ぶときは非常にサポート力も重要です。

 

さらに大切なのがサイズです。

どれだけ良い靴を履いていても、サイズが合っていなければ、その靴の効果を最大限発揮することができません。

もし、足のサイズがわからいのであれば、まずは足を計測してもらうようにしましょう。

必ず足の長さ、足の幅、どちらもサイズですので、左右の足を計測してもらうようにしましょう。

足のサイズは靴を選ぶときに毎回は測っても良いくらいです。

筋力の低下や、体重の増減などで足の形が少しですが変化する場合があるからです。

 

少し手間ではありますが、サイズがわかることであなたの足に合った靴を選びの精度が高くなるでしょう。

 

オススメのスニーカー

オススメのスニーカー

 

 60代の方でも、面倒臭いという理由でかかとのない靴や、靴紐がない靴を選ぶ方が多いです。

 

しかし、それでは足の筋力が衰えやすいのに、足のサポート力の低い靴ばかり選んでしまいます。それでは歩けば歩くほど足を痛めつけてしまい、逆効果です。

 

私がオススメする靴は全て紐がある靴です。

その理由は靴が馴染んできてからも、フィット感を出せるからです。

 

それではここからは、足に合わせた60代男性にオススメのスニーカーを紹介していきたいと思います。

 

 

足幅が広い方に最適なシューズ

 

 ニューバランス MW880 足幅4Eタイプ

 

ニューバランスといえば、昔はおじさんが履く靴と言われるくらいでしたが、ここ最近ではみんながオシャレに履きこなすスニーカーのブランドという認知に変わってきました。

オシャレだけではなく、各年代で支持されるだけの履き心地と高機能が魅力。

その中でもこの880は、 デザイン性と履き心地を兼ね備えている上に、歩きた時の安定性やサポート性も高いので非常にオススメの1足です。

 →雨でも大丈夫なタイプはこちら Gore-Tex使用 New balance ウォーキングシューズ MW880G  

 

ミズノ LD40  足幅3〜4E相当

 

ミズノのLD40は足幅が3〜4Eの方向けに作られているシューズです。

 

デザインもシンプルで、革靴の代わりに使えるだけでなく、ミズノウェーブという独自のソール(靴底)機能のおかげで、クッション性と安定性を実現。

とても歩きやすい作りになっています。

 

クッション性を高めると安定性が下がり、安定性を高めるとクッション性が下がるところを、ミズノウェーブでどちらも実現した1足です。

 

ムーンスター ワールドマーチ WM500 PRIDE 足幅3E

 ムーンスターといえば日本の老舗靴メーカー。

創業100年以上の歴史を持つムーンスターから発売されているこの1足。

ムーンスターワールドマーチのトップグレードモデル。

日本製で日本人のために作られたウォーキングシューズ。

どこがすごいのかと言うと、最も磨耗しやすいかかと部分に、タイヤの3倍の耐久磨耗ゴムを使用しています。

 

なんと5万km歩行検証済みのシューズって見たことないですよね。

5万kmは約地球1周分。凄すぎる検証試験。

 

そして、とても耐久性に優れているだけではなく、長距離を歩くために作られているので、しっかりとした足がブレない安定性もあります。

あなたもこの耐久性と安定性を感じて見てください。

日本人のために作られた日本製のウォーキングシューズです。

 

アディダス ギャラクシー 足幅3E相当

 こちらはアディダスのジョギングシューズです。

ウォーキングシューズではありませんが、クッション性と安定性に優れているモデルです。

 

ジョギングシューズなので、ランニングシューズよりも安定性があるのでオススメです。

 

本格的なウォーキングシューズよりもお手頃価格で、履き心地も良いです。

ウォーキングシューズを購入するので迷うなら、とりあえずこの1足から初めてみましょう。

 

足幅が平均的な方に最適なシューズ 

アディダス ピュアブースト 足幅2E相当

アディダスの初心者向けのランニングシューズです。

ソールにブーストフォームを搭載しているので、クッション性があるのに安定性があるスニーカーです。

歩いたり、ジョギングするには最適で、履き心地も良いのでオススメです。

 ブーストについて気になる方は、こちらの記事を参考にしてください。

www.leon.jp

 

 アディダス ウルトラブースト 足幅E相当

先ほどのピュアブーストよりも足幅が少し細身です。

こちらもブーストフォーム搭載ですがブーストの含有率が高く、ピュアブーストよりも反発性があります。

意外にE相当のシューズも少ないので、2Eだとフィット感が少し弱く感じる方にオススメです。

ウォーキングやジョギングで少し筋力がある方はこちらがオススメの1足です。

 

 

足幅が細い方に最適なシューズ

 NIKE エピック リアクト フライニット2 足幅D相当

 

ナイキ エピック リアクト フライニット 2は、足幅が細い方にオススメです。

滑らかな履き心地と軽さを追求した大胆なデザイン。サポート力に優れています。

最新のFlyknitアッパーでフィット感抜群です。

足裏には耐久性に優れたNike Reactテクノロジーを取り入れ、柔らかさと反発力のどちらも兼ね備えています。

 

ナイキ エピック リアクト フライニット 2が詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。

media.alpen-group.jp

 

 しっかりとした靴を選ぶことが大切です。

足に合った靴にインソールを入れることで、さらに足をサポートすることも可能です。

もし、ウォーキングなどでアーチをサポートしたい方は試してみてください。

 

 

 

 

 まとめ

f:id:tamuson0619:20190729020552j:plain

 

 いかがだったでしょうか?

 

まずはご自身の足のサイズに合った靴を履くことが大切です。

足に合った靴を履くことで足も疲れにくくなり、ウォーキングやトレーニングも楽しく、効率よくできるでしょう。

 

足幅が広い方はウォーキングシューズの種類も豊富ですが、足幅が細い人用のウォーキングシューズは少ないので、初心者用のランニングシューズだと安定性が高く歩きやすいと思います。是非、試してみてください。

 

今回は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!