足中心の生活

足のことや靴のこと+インソール。靴選びって、どうしたらいいの?あなたの足の不安に寄り添うブログ

扁平足で腰痛や膝痛に悩むでいる方ほど、インソールを活用した方が良い理由

f:id:tamuson0619:20190728231555j:image

 

こんにちは!

 

あなたの足の調子はどうですか?

 

この記事を読んでくれているあなたは、もしかしたら、腰痛や膝痛がある方かもしれません。

 

もしくは、あなたの足が扁平足で、気になったから見に来て頂いたのかもしれません。

どちらにしても、ありがとうございます。

 

タイトルにもありますが、扁平足や膝痛、腰痛の方ほどインソールを活用してほしいと言う記事です。

 

この記事を読むことで、足のことがわかり、インソールの活用方法を理解して頂くことができます。

少しでもあなたの扁平足の悩みや、体の不調、腰痛や膝痛、肩凝りなどを改善するきっかけになれればと思います。

 

それでお話していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

 

 

 

 

 

扁平足でなぜ膝痛や腰痛に?

f:id:tamuson0619:20190728231742j:image

 

足のことで、扁平足はよく聞く言葉だと思いますが、どんな足を扁平足と言うのでしょうか?

 

扁平足とは

足のアーチ構造にゆがみが生じて土踏まずがなくなった足のことを指します。

足の裏は土踏まずなどのアーチによって支えられているのです。扁平足の方は、土踏まずのところを見ると、隙間があまり無いので、目で見てわかりやすいですね。

 

足のアーチの役割

足のアーチは、歩行をする時に足への衝撃を吸収したり、アキレス腱に加わる力をつま先に効率よく伝えたりする働きがあります。 

ですから、アーチが崩れてしまうことで、力を効率良く伝えることが難しくなりますね。

その分、足も疲れやすくなってしまいます。

 

膝痛や腰痛の原因?

扁平足の方は、土踏まずが無い、または少ない、アーチが崩れてしまった状態です。

 

それがなぜ体に影響してくるのか?

 

正しい状態だと、土踏まずなどのアーチがあり、足の内側は土踏まずと言うだけあって、地面には接していません。

 

しかし、扁平足の方は土踏まずの部分が、地面に接した状態になってしまっています。

つまり、正しい状態と比べると、足が内側に倒れている可能性が高いのです。

 

足が内側に倒れることで、体のバランスが崩れてしまいます。

 

例えるなら、ビルがあったとして、もし土台部分に少しでも傾きがあったら、そのビルどうなるでしょうか?

簡単ですよね。必ず建物部分にも傾きが生じます。

 

その土台部分が、人にとっては足の裏なのです。

 

土台部分(足の裏)のアーチのバランスが崩れてしまうことで、体全体に影響を与え、関節である膝や腰に影響を与えてしまう可能性が出てしまうのです。

 

 

アーチのバランスをサポートするためにインソールを活用する

f:id:tamuson0619:20190728232259j:image

 

アーチが崩れてしまうと、膝や腰、そして体に影響を与える可能性がでます。

逆に考えると、足が正しい位置にあれば、膝や腰の負担が軽減できる可能性が考えられます。

その為に使用するのがインソールです。

 

皆さんにとってインソールとは、どんな印象でしょうか?

 

ほとんどの方の印象は

サイズが大きい時にインソールを入れよう

 

こう答える方が多数だと思います。

今回は、膝や腰に対して足元から考える内容です。こうしたインソールの使用の仕方では、意味がありません。

 

今回ご提案は、サイズが合っている靴に、足をサポートとしてくれるインソールを使用することで足の負担を減らし、体全体の影響を軽減するということです。

 

インソールに馴染みがない方がほとんどだと思います。実際入れることで、どうなるのか?

 

それがこちらです。

 

f:id:tamuson0619:20190728143730j:image

 

この図は右足です。

扁平足の方は、内側に足が傾く傾向があるので、サポート力のあるインソールを入れることで、図の様に足が内側に傾くのを軽減し、足への負担、体への影響を軽減する可能性を高めることができます。

 

サポートのインソールがあるのと無いので、足の角度も全くちがいますね。

小さな歪みに感じますが、この小さな歪みによって、骨盤などの体のズレ、膝や腰への影響が生じる可能性があるのです。

 

いつも同じところが疲れたり、痛くなったりする方は、根本的に足の歪みが体の歪みになっている可能性があります。

そのせいで、同じところが疲れたり、痛くなってしまっているかもしれません。

 

それでは、インソールとはどんなものを選べば良いのでしょうか?

 

 

どんなインソールを入れれば良い?

f:id:tamuson0619:20190729001752j:image

 

扁平足の方や外反母趾の方にも使用して頂けるインソールをご紹介していきたいと思います。

まだ、入れたことがない方は、是非、この3つの中からまずは選んで、試して頂きたいです。

 

衝撃吸収、しなやかなアーチサポートをしてくれます。 オールラウンドに使えるインソールです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SIDAS シダス インソール クッション3D(CUSHION 3D)
価格:3557円(税込、送料別) (2019/7/29時点)

・ジェルパットが踵のクッション性をアップ

・ソフトフィーリングを追求した立体形状サポート

・メリーメッシュトップで通気性と程良いグリップ性

・足への強い衝撃を吸収

つま先の厚さは4.0mmです。

 

 

ウォーキングをする方やビジネスシューズ向けのインソールがこちら
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シダス(SIDAS) ウォーク3D インソール 中敷き ビジネス用 326999
価格:3400円(税込、送料別) (2019/7/29時点)

・しっかりしなやかに踵のアーチを支えるナイロンアーチフレックスシェル

・メリーメッシュトップで通気性と程良いグリップ性

つま先の厚さは3.5mmです。

しっかりとしたアーチサポートで通気性と機能性を損なわない薄さになっています。

 

 

ランニングをする人にオススメのインソール

・踵のジェルが衝撃を軽減

・足の前側、前足部にフィット感+反発力をもたらす軽量クッション素材オーソライトX40採用(オーソライトに+40%反発性をUP)

・ナイロンアーチフレックスシェルが踵の安定とアーチをサポート

・メリーメッシュトップ+通気孔で通気性UP

つま先の厚さ4.0mmです。

衝撃吸収と通気性、そしてしっかりとしたアーチサポートがあります。ランニングもってこいのインソールです。

 

この3つのインソールは、どれもアーチサポートがついていているので、安心してご使用頂けると思います。

 

サポート力のあるインソールを入れる時

必ず確認して頂きたいことがあります。

それは

・あなたの足のサイズに合った靴であること

・その靴のインソールが取り外せて、サポート用のインソールに入れ替えれること

 

ここに注意してください。もともとのインソールの上に入れてしまうと、サイズ感が変わりますし、正しいサポート力が発揮されない可能性があります。必ず確認しましょう。

 

 

 

まとめ

f:id:tamuson0619:20190729020552j:image

 

いかがだったでしょうか?

 

小さな歪みが、大きな歪みにつながってしまっているかもしれません。

しっかり足元から予防して頂くことで、毎日の生活が楽になると思います。

 

今回は扁平足の方と題しまして、お話をさせて頂きましたが、もちろん足元の予防にもなりますし、部活をされているお子様にもオススメです。

 

ただ、インソールを使っても改善できない痛みがある方は、根本的に怪我をしている可能性もありますので、無理はせず必ず病院で診てもらうようにしましょう。

 

足のアーチのバランスとインソールでサポートすると言うお話でした!

 

今回は以上です。

 

最後まで読んで頂き、

本当にありがとうございました!