足中心の生活

足のことや靴のこと。靴選びって、どうしたらいいの?を解決、改善していくきっかけになりたい。そんなブログ

【選ぶ基準】ビジネスシューズを買う時に悩まない方法

f:id:tamuson0619:20190711124441j:image

 

こんにちは!

 

皆さんはどんなお仕事をされていますか?

 

私は毎日革靴を販売しているのですが、私自身は普段から職場でスニーカーを履くことが多いです。

 

最近ではクールビズやスーツじゃなくてもOKなお仕事も増えてきているようで、ビジネスシューズを履く機会が減った方もいらっしゃるそうです。

 

それでもお仕事ではビジネスシューズ(革靴)を履いている方も多いのではないでしょうか?

もしくは普段革靴をあまり履かない方でも、冠婚葬祭では着用する機会があると思います。

 

そんなビジネスシューズをどう選べば良いのか?

 

そういえばハッキリとはわからないなぁ、と思っている方に読んで頂きたい内容になっています。

 

この記事で自分が履きたい、もしくは気になる革靴を考えておけば、靴屋さんで迷わない靴選びができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

あなたはどの靴を選びますか?

 

ビジネスシューズと言っても、様々なタイプがあります。なんとなくご存知の方もいらっしゃると思いますが、どんなデザインの靴があるのか見てみましょう。

 

ストレートチップ

つま先の切り返しの部分に、横にまっすぐ(ストレート)の縫い目があるタイプです。

冠婚葬祭など、どのシーンでも使えるタイプなので、普段ビジネスシューズを履く機会が少ない方にはオススメのタイプと言えます。

 

ちなみに画像はストレートチップの内羽根タイプ。内羽根と外羽根タイプがあり、外羽根タイプはこちら↓

靴紐を通す穴が付いている部分が、内側に入っているのが内羽根です。外側に出ているのが外羽根です。

 

靴屋さんに行くと、それぞれ取り扱いがある店舗が多いので、あ〜これが内羽根で、こっちが外羽根だなって、見てくださいね〜。

 

切り替えがまっすぐなタイプがストレートとチップです。

 

 

プレーントゥ

つま先に切り替えの接ぎ目、ステッチや飾りのないシンプルで、靴の基本形といわれるデザインです。

シンプルなデザインだけに、形や鳩目(靴紐を通す穴)の位置等のバランスや革の良し悪し等、作りの良否が端的に表れやすいです。

 

見た目をわかりやすく言うと、つま先がつるんとしてます。つるんとしてるのはプレーントゥだと覚えましょう。

 

 

ウイングチップ

つま先の革の切り替えに使われる飾り革が、翼のような形をしているので、この名がつけられました。つま先の切り替え部分のW字型が特徴で、日本では「おかめ飾り」ともいわれます。クラシックな雰囲気を演出するのに適したシューズです。

 

つま先の切り替え部分がWなのがウイングチップです。

 

 

モンクストラップ

15世紀にアルプスに住む修道僧(モンク)が考えたといわれる外側にバックルのついた靴。 靴ひもでは無く、ベルトとバックルで甲の高さを調節できる機能的なデザインが特徴。

こちらの画像はバックルが1つなのでシングルモンク、バックルが2つだとダブルモンクです。

 

ダブルモンクはこちら↓

バックルが2つですね。

 

靴紐がついていない代わりに、バックルがついているのはモンクストラップです。

 

 

スワールトゥ

スワールトゥのデザインは、革靴のデザインでも新しい型と言えます。10年以上前になりますが、ロングノーズが流行った時代に生まれた型です。足を細く長くみせるための2本の縫い目が特徴的なデザインになります。

 

革靴が好きな方には受けが悪いようで、革靴好きな方はあまり履かないみたいなネットの情報もありますが、最近では色々なメーカーがデザインとして取り入れている所も多いので、履いている人も多いのではないでしょうか。

 

上の画像は外羽根タイプなんですが、スワールトゥにも内羽根があります。

内羽根はこちら↓

個人的には、スワールトゥは内羽根じゃなくてもいいんじゃないかなぁって思います。

気に入ってる人がいたら、すいません。

 

縫い目が2つあるタイプはスワールトゥです。

 

5つのデザインを見て頂きましたが、みなさんはどのデザインか気に入りましたか?

 

みなさんの好きなデザインや気になるデザインが見つかれば嬉しいです。

ビジネスシューズは、色々なメーカーから出ていますが、ご紹介したデザインがほとんどです。

靴屋さんに行く前に、どのデザインが良いか決めておくことで、選ぶ時間も短くて済むでしょう。

 

コバの有る無し

コバとは何かというと

f:id:tamuson0619:20190713234136j:image

同じストレートチップの内羽根ですが、右がコバ有り、左がコバ無しです。

ソールのところの縁の部分がコバです。

無い方がスッキリ見えて、細身のスーツに合います。ちょっとしたこだわりですけどね。

 

 

ここまで色々なタイプのシューズを見てきましたが、それではどんな時に使用すればいいでしょうか?何を基準で選べばいいのか?

 

そちらを次でお話しましょう!

 

 

 

何を基準に選ぶの?

f:id:tamuson0619:20190713143715j:image

見た目は先ほど見たデザインが主流だと思いますが、どういった基準でシューズを選べば良いでしょう?人によって使用するシーンが違います。そのシーンごとに見ていきましょう。

 

 

仕事用の場合

 

仕事の場合は特に仕事で決まりがない限り、好きな色や型を選ぶ方が多いでしょう。

ベーシックなカラーはブラックですが、スーツに合わせてブラウンやライトブラウンを使う方もいます。茶系の場合は、シューズの色とベルトの色を合わせることで、お洒落な雰囲気がぐっとましますね。

 

職場での決まりがない場合は、どのデザインのシューズでもOK

 

 

 

冠婚葬祭の場合

 

普段から革靴を履く機会が少ない方でも、この時ばかりは皆さん履くことになりますよね?

冠婚葬祭でもOKな靴とNGの靴があります。

 

結婚式の場合(慶事用)

結婚式の場合で使用する時は

 

・ストレートチップ

・プレーントゥ

 

フォーマルで使うなら、この2タイプが好ましいでしょう。

最近の結婚式では、茶系のシューズを履いて出席される方もいらっしゃいますが、やはり無難なのは黒ではないでしょうか。

そして内羽根か外羽根かはそこまで厳しくはないですが内羽根の方が好ましいです。

 

結婚式の場合はストレートチップまたはプレーントゥの黒なら間違いない。ただ、結婚式の形式によって柔軟に選ぶのもありでしょう。

 

それでは、お葬式の場合はどうでしょう?

 

お葬式の場合(弔辞用)

お葬式で使用する時は

 

・ストレートチップ

・プレーントゥ

 

お葬式もこの2つになります。

そして、絶対に黒じゃないといけません。

茶系はNGです。

結婚式と違いお葬式の場合は、必ずと言っていいほどこの2つのいずれかが良いでしょう。

そして内羽根が好ましいです。

 

お葬式はストレートチップまたはプレーントゥの内羽根を選びましょう。

 

ここまでは見てきた内容で、お仕事にはこの靴がいいかなぁとか、冠婚葬祭用にこの靴だなぁとか、みなさんなりのイメージができるのではないでしょうか?

そのイメージや目的に合った靴がわかれば、あとは靴屋さんに行ってみましょう。

 

そして、靴屋さんに行ってやって頂きたい事を最後にお話しましょう。

 

目的の靴が決まったら靴屋へ

f:id:tamuson0619:20190714012136j:image

 

靴屋さんに行くと、ほとんど目的のタイプの革靴が取り揃えてあります(ブランドは様々です)

 

目的のタイプの靴を試す前に、必ず確認することがあります。

 

 

①足のサイズを確認

ご自身の足のサイズです。靴のサイズではありません。足の実際のサイズです。

 

もしわからない場合は、靴屋さんで計測してもらうと良いでしょう。

 

自分の足の実寸を知ることで、ベストなサイズが明確化できます。

そうすることで、サイズで迷うことが無くなるでしょう。

 

 

②必ず両足試し履きして歩く

なぜ試し履きをするのか?

足はたくさんの関節の集まりなので、歩いた時にしか本当のサイズ感がわかりません。

必ず試し履きをして、歩きましょう。

 

そして、革靴でよくあるのですが、試し履きをして歩いてみると、くるぶしの所に靴が当たって痛くなる場合があります。

その時は違う革靴も試すようにしましょう。

人によってくるぶしの高さが違うので、歩くことで合う靴か、合わない靴かより実感することができます。

 

試し履きをして、しっかりフィット感を感じるものを選びましょう。

特に革靴は履き慣れてくると少し緩くなります。緩くなった時が本当の靴のサイズと言えます。はじめは少しフィット感が強めの方がおすすめです。(痛いのは駄目です)

 

 

まとめ

f:id:tamuson0619:20190713233157j:image

 

いかがだったでしょうか。

 

ビジネスシューズを普段お仕事で使用する方は、特に制限がないのなら色々な革靴を履くのも良いでしょう。

 

お仕事でビジネスシューズは履かないけれど、冠婚葬祭用には用意しておきたい方は、ストレートチップまたはプレーントゥの内羽根の黒を用意すると良いでしょう。

 

この記事を読んでいただいて、ビジネスシューズを選ぶ時に迷うことが少なくなったよーって言ってもらえると嬉しいです!

 

今回は以上です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!