足中心の生活

足のことや靴のこと+インソール。靴選びって、どうしたらいいの?あなたの足の不安に寄り添うブログ

【安い靴と高い靴】価格の違いと体への影響

【安い靴と高い靴】価格の違いと体への影響

f:id:tamuson0619:20190620164906j:image

 

こんにちは!

 

靴の価格の差はなんだろう?

安価なものと高価なものでどう違うんだろう?

体にも影響あるの?ってお話です。

 

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

 

 

 

安い靴と高い靴はどう違うのか?

f:id:tamuson0619:20190702232946j:image

 

 

デザイン性の違い

 

安価なものより、高価なものの方が、当然といっていいほど、デザイン性が高いものが多くなります。

 

安価なものはどうしても原価も安くなるため、必要最低限でしか作れません。デザイン性を求めるなら、高価なものの方が、種類が豊富と言えるでしょう。

 

 

 

カラーバリエーション

 

高価なものと比べて、安価なものの方が、色のバリエーションが多いかもしれません。

 

安価な分、原価も低いので、生産される量も多いのではないでしょうか。

 

 

 

オシャレ度

 

安価なものも、使い方によってはオシャレに見せることも可能です。

 

しかし、もともと高価なものをもとにしたデザインを安価なものに落とし込んでいることが多いため、高価なオリジナルのものと比べると見劣りしてしまうでしょう。

 

 

 

使用している素材

 

安価なものは、価格を抑えるために合成皮革などを使っていますが、高価なものの場合は、本革など素材もいいものを使っている可能性が高いです。

 

しかし、高価なものでも、ブランドネームで高くなっているだけの場合もあるので、気をつけましょう。

 

 

 

靴作りにかかっている労力

 

安価なものは大量生産をするために、なるべく手作業を少なく効率よく作られているのに対して、高価なもので特に革靴は、手作業で作る労力がかかっていて、その職人の技術が詰まっている分、価格が高いのです。

 

 

 

高い靴の方が長持ちするのか?

f:id:tamuson0619:20190703002115j:image

 

 

高価なものは長持ちするイメージがありますが、その靴ばかりを毎日履いていると、さすがに傷んでしまいます。

 

高価だから長持ちではなく、高価だから大切する。その気持ちがあれば長く履けると言うことです。

 

安価なものでも大切にすれば思いのほか、長く履くこともできるでしょう。しかし、ほとんどの人は初めは大事にしても、少し汚れてしまうと、いつの間にか大事に履くことをわすれていまうことが多いでしょう。

 

高価なものだと、あれだけ値段がしたから大切に履こうと言う気待ちが継続しやすく、大切に履き続ける人が多いのです。

 

そして革靴の場合は丁寧に履く人だと、きちんと修理をして、20年以上も革靴を大切に履いている方もいます。

ものを大切にするって素敵ですよね。

 

 

 

靴を大切に履く

 

靴を大切に履くというのは、しっかり脱ぎ履きの時は靴紐を緩める。履く時に靴べらを使うなど、丁寧に脱ぎ履きをすることで、靴の寿命も確実に変わります。

 

靴を大切にするなら、自分でお手入れをしたり、修理に出したりすることで、綺麗で長く履ける靴になるでしょう。

 

 

 

 

足元からくる体への影響

f:id:tamuson0619:20190703003100j:image

 

 

人が歩く時に唯一の道具が靴

 

当たり前のように、私たちは靴を履いて生活していますが、靴は歩く時に唯一私たちの足を支えている道具なのです。

ですから、私たちの足や体は靴にとても影響を受けています。

 

 

踵の擦り減った靴

 

あまりにも踵が擦り減った靴を履いていると、悪い足クセがついてしまうことがあります。

そうなってしまうと、足の疲れだけではなく、膝や腰が痛くなってしまう可能性があるので、踵が擦り減った靴を履くのはやめましょう。

 

 

安価な靴と高価な靴のサポート力の違い

 

スニーカーの安価な靴で非常に軽いものが最近多くなっているように感じます。

 

安くて軽いからいいなぁと思う人もいますが、軽いのは機能があるから軽い訳ではなく、必要なパーツを減らすことでコストダウンを計って、ただ軽いだけの靴の可能性があるので注意しましょう。

 

その様な靴だと、サポート力が低く足が疲れやすかったりします。

 

逆に高価なスニーカーで少し重いものもあります。

 

それは必要なパーツが付いていて、足がブレないように安定感を出してくれていたり、ソールに反発性やクッション性があったりと、なんらかの要素で価格が高い理由があるでしょう。

そこをしっかり理解した上で靴選びをすると良いでしょう。

 

軽さ=履きやすい靴と思っている方

それは間違った認識です。

 

なんで軽いのか?本当に足に良いために軽いのか?ただ軽さだけの靴なのか?

しっかり判断して足を大切にしましょう。

 

足クセがある方は、サポート力の高いシューズを履くことで、歩き方が良くなる可能性があります。

 

しかし、そういう方がサポート力が少ないシューズを履いてしまうと、足クセが出てしまうので、体の不調に繋がる可能性があるので、気をつけましょう。

 

 

まとめ

f:id:tamuson0619:20190703005050j:image

 

価格の違いで質感だったり、機能性だったりと、実際に実感できることもあると思います。

 

そして、靴を大切にすることが、足を大切にすることにも繋がるのではないでしょうか?

 

楽しい人生で足のトラブルを抱えないように、もし抱えているなら少しでも改善のきっかけになるように、またブログを書いていきたいと思います。

 

今回は以上です。

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!