足中心の生活

足のことや靴のこと+インソール。靴選びって、どうしたらいいの?あなたの足の不安に寄り添うブログ

ヒールを履いていないのに、なぜか足がむくむ理由と改善方法

f:id:tamuson0619:20190628175848j:image

 

みなさん、こんにちは

 

たむらです

 

足の調子はどうですか〜?

 

足の調子は人それぞれですが、特に女性の方で、夕方になると足がどうしてもむくんでしまう。と悩む人も多いと思います。

 

毎日ハイヒールを履くからむくむ。

毎日スニーカーしか履いてないのに、なぜかむくむ。

 

人によって、職業や履いている靴も違う。

それでも、むくみと言う悩みは一緒ですね。

 

むくむとダルくて辛いですよね。

 

皆で少しでもむくまないように

今回は足のむくみと改善方法についてお話していきたいと思います。

 

今日で、むくみとお別れしよう

 

ということで、

ぜひ、最後まで読んでみてください!

 

 

 

 

そもそもむくみって何?

f:id:tamuson0619:20190629005351j:image

 

体の水分が関係している

私たちの体は血液を循環させることで、細胞へ栄養等を送っています。

 

栄養を供給した後にいらなくなった水分は、細胞の中からリンパ管や静脈を通って体内へ戻ってきます。

 

正常では水が溜まることなくリンパ管や静脈へ流ますが、これがうまく流れずに溜まった状態がむくみです。

 

要するに、普段より水分が多く足に溜まることで、むくみになっているんですね。

 

すねのあたりを指で5秒ほど押してみる

 

そうすることで、指を離した後にくぼみが残ると、足がむくんでいる状態なのでチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

なんでむくむの?

f:id:tamuson0619:20190629005654j:image

 

立ったままや座ったままの姿勢が長く続くと、足の筋ポンプの機能が低下し、心臓に向かって流れる血液が停滞します。

 

人間の足の血液は、重力に逆らって下から上に流れるのですが、それが滞ってしまうと、足の静脈内の圧力が上昇し、血管に炎症が起こり、血管内から血管外へ血液の水分が浸み出て、細胞外に水分が溜まってしまいます。

これが、足のむくみの原因となります。

 

どんな状況で足がむくんでしまうでしょうか?

 

デスクワーク

常に座った状態で、足が低い位置にあることで、血液の循環が悪くなり、むくみが出てしまいます。

 

 

その場に立ちっぱなしの状態

ずっと立っている状態でも、足の筋肉に動きがなく、足の血液の循環が悪くなり、むくんでしまいます。

 

 

靴のサイズが合っていない

ヒールを履いていない、スニーカーなのにむくむ人は、靴のサイズが合っていない可能性が高いです。

 

サイズが合っていないのが原因で、歩き方がふくらはぎを使えていない、ペタペタ歩きになっていて、むくむ原因を作っている可能性があります。

 

 

www.tamuson.work

 

 

むくみ解消法

f:id:tamuson0619:20190630000802j:image

 

ふくらはぎを動かす

 

デスクワークが多い人や立ったままが多い方は、同じ姿勢でいることで、足の筋肉を動かしていないのが、むくみになっていることが多いです。ふくらはぎを動かす運動をしましょう。

 

たとえば、壁に手をついて、何度かつま先立ちを繰り返したり、椅子に座った状態なら、足を伸ばし、つま先を上げ下げして、ふくらはぎをしっかり動かしてみましょう。

 

なぜ、ふくらはぎを動かすと良いか?

 

ふくらはぎにはポンプ機能があり、そのポンプ機能が低下することで、むくみに繋がることが多いです。

 

足の血液が重力にさからって下から上に向かって流れるので、ふくらはぎをしっかりと動かすことによって、ポンプ機能を回復させ、心臓へ血液を押し戻すことにより、足のむくみの改善も期待できます。

 

 

お尻と太ももの筋肉も重要

 

デスクワークなどで長い時間椅子に座っていると、お尻とももの裏の筋肉が常に押しつけられた状態になってしまいます。

 

すると、それらの筋肉を通る血液が滞り、下半身の血流が悪くなってしまいます。

 

太ももとお尻の筋肉は大きいので流れている血液の量もそれだけ多くので、下半身の血流を悪くしてしまう原因になります。

 

ふくらはぎ同様に、太ももやお尻の筋肉をほぐすことが大切。

 

太ももとお尻をマッサージしたり、ストレッチをすることで、血流がよくなり、むくみが改善する可能性がさらにあがります。

 

 

弾性ストッキングを使う

 

弾性ストッキングとは特殊な編み方でつくられていて、圧迫力を備えたストッキングです。

 

弾性ストッキングを装着すると、足全体が圧迫され続けるため、足の静脈のよどみが少なくなり、血流がよくなります。

 

 

 

 

自分の足のサイズに合った靴を履く

 

サイズが合っていない靴や、足にフィットした履き方をせずにいると、正しい歩き方ができず、足の運動連鎖がうまくいかず、正しく筋肉が使われてないことで、血流が滞ってしまい、むくみの原因になってしまいます。

 

しっかりと自分の足のサイズを把握し、自分の足に合った靴と正しい履き方をすることで、改善することができます。

 

 

www.tamuson.work

 

 

 

 

まとめ

f:id:tamuson0619:20190630000525j:image

 

足のむくみの大きな原因は、足の筋肉が関係していましたね!同じ姿勢や状況だと筋肉が動かず硬くなってしまうことで、血流にも影響していたんです。

 

これを読んで頂いた方には、足がむくまない様に、しっかり足を動かしたり、弾性ストッキングを利用してみたり、靴のサイズを確認して、少しでも足がむくむ辛い状況から脱してもらえると、とても嬉しいです。

 

あと、食塩の過剰摂取でも、足がむくんでしまうことがあるようですので、気をつけましょう。そして、上記の内容を試しても、ずっとむくみが変わらず調子が悪い方は、病気が原因のむくみの場合もあるので、一度病院に相談することをお勧めします。

 

少しでも足のむくみで悩む方の改善に貢献できれば幸いです。

 

今回は以上です。

 

今回も最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました!また読んでくださいね。