足中心の生活

足のことや靴のこと+インソール。靴選びって、どうしたらいいの?あなたの足の不安に寄り添うブログ

子供から大人まで、スニーカーのサイズが合っているか確認する方法

子供から大人まで、スニーカーのサイズが合っているか確認する方法

f:id:tamuson0619:20190520142915j:image

こんにちは!

  

今回はタイトルにもあるようにスニーカーのサイズが自分の足のサイズにあっているの?間違っているの?って話です

 

知っているようで知らない。わかっているようでわかっていない。

それが自分の足ではないでしょうか?

 

この記事を読むことで、あなたが履いているスニーカーが、足にあっているのか確認することができます。

 

是非、最後までご覧ください。

 

 

 

靴のサイズについてツイッターでアンケートを実施しました

 

足のことをツイッターのアンケート機能を使い、「あなたが履いている靴はベストサイズだと思いますか?」というアンケートを実施しました。

 

こんな感じのアンケートです。

 

130人の方にご回答頂きました。

 

その結果、自分の履いている靴は

自分のベストサイズだと回答頂けたのが

 

わずかに約3割

 

それ以外の約7割の方が

 

靴のサイズに不安があるという結果になりました。

 

このような結果になったのは何故か?

 

どうしても気になったので、

こんなアンケートも実施してみました

 

 

自分の足を計測して自分の足の正確なサイズを

把握している方はわずか2割

 

その前の自分の靴はベストサイズだと回答していた方よりも減少してしまいました。

 

そして

計測したことがない、計測できることも知らなかったという方が

 

なんと8割にもなりました。

 

それは凄い割合です。

8割の方の中にもう足の不安をかかえている人。

 

そしてこれから足に合わない靴を履き続けることで

足のトラブルにあう方が出てくることが予想されます。

 

 

何故こうなってしまったのか?

 

靴屋さんと言えば

今はもうほとんどチェーン店しかなくスニーカーが好きな店員さんも

アルバイトがほとんどスニーカーが好きでスニーカーのことを沢山知っていても

足のことを知っている人が少ないのが現状です。

 

そして大きな会社ばかりなので、売上が1番大切で多少はサイズが合っていなくても

おススメしてくる現状です。

 

もしくは人手不足で全く接客もなくお客様ご自身で選ぶということも

多いのではないでしょうか?

 

それらの要因でスニーカーを感覚だけで購入するという

間違った選び方が今の当たり前になってしまっているからではないでしょうか?

 

 

それではどうやってスニーカーを選べば良いのか?

 

Twitterのリプライで頂いた中に足を測ってもらう所があっても

なかなか遠くて行くことができないなど住んでいる環境によってなかなか難しい

ということもお聞きしました。

 

そこで皆さんにオススメしたいのが

 

インソールフィッティングです

 

足の計測が出来ない場合や、子供の靴を選ぶ時に必ずやって頂きたい

そんなフィッティング方法です

 

それでは説明していきましょう。

 

インソールフィッティングのやり方 

f:id:tamuson0619:20190520153114j:image

 

スニーカーでもインソール(中敷)が

取り外しが可能な物を選んでください

子供靴は取り外し可能な物が沢山あります

 

f:id:tamuson0619:20190520153348j:image

 

この様にインソールを

両方取り出していきます

 

f:id:tamuson0619:20190520153436j:image

 

両足取り出しとこんな感じです

そして両足取り出しあとに

自分の足をこのインソールにのせます

 

f:id:tamuson0619:20190520153552j:image

 

こんな感じです。

必ず踵に合わせて、つま先のあまりを確認してください。

 

ちょっとわかりにくいとおもいますが

こうすることによって、足の長さだけではなく足の幅も見ることができます。

 

足幅は少しはみ出るくらいなら、少し足が逃げる分があるので大丈夫ですが

あまりにもはみ出し過ぎている場合は、その靴は合わないということになります。

 

これを必ず両足行ってください

 

何故かというと、ほとんどの人が左右差があるからです

足の長さ、そして足幅にも左右差があります。

そしてサイズが両足確認ができたら、

 

必ず歩いて確認する

 

サイズが合っていても必ず両足履いて確認してください。

そして歩行した時にフィット感があり、歩きやすいか確認しましょう。

 

そうすることで、足計測ができない場合でも感覚だけで選ぶのではなく、

ベストなサイズが見つかりやすくなるでしょう

 

特に今の子供たちは、足幅が細い子が多いのに幅広の靴を履いてしまって。その影響で

足が扁平足のまま成長しまっていることが多いです。

 

特に3歳から7歳までで

足のアーチ(土踏まずなど)の形成が始まります。

その時期は特に足にマッチしたサイズの靴を履かせてあげてください。

足にマッチしたサイズを履かすことで、足の成長を促し足のアーチ形成にも良い影響を与えることでしょう。

 

あなたのスニーカーが、インソールを取り出せるスニーカーなら

ご自身の目でそのスニーカーのサイズが合っているのか?合っていないのか?

是非、確認してください。

 

 

まとめ

意外に自分の足のことを理解することは、難しいと思われるかもしれません。

 

しかし、インソールフィッティングはお子さんの足の成長も把握しやすいだけでなく、自分の目で見て合っているか判断しやすいやり方です。

 

インソールフィッティングを活用するだけでも、精度の高い靴選びに近づくことができるでしょう。

そして、あなたがあなたの足に合う靴を選ぶお手伝いができれば、私は嬉しいです。

 

今回は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!