足中心の生活

足のことや靴のこと+インソール。靴選びって、どうしたらいいの?あなたの足の不安に寄り添うブログ

スケッチャーズを選ぶ時に知っておくべきポイント

スケッチャーズを選ぶときに知っておくべきポイント
スケッチャーズを選ぶ時に知っておくべきポイント

スケッチャーズは最近テレビCMなども多く、特に女性からの人気が高いスニーカーですが、その人気の理由は履きやすくて歩きやすいものが多いからではないでしょうか?

履きやすく感じるスニーカーが多いスケッチャーズにも、選ぶ時に知っておいてもらいたいソールの違いがあります。
違いを知ることで、より目的にあったシューズ選びができます。

この記事を読むことで、あなたが靴屋さんに行った時に自分で確認できるポイントを今回はお話させていただきます。



歩きやすくてもソールに違いがある

スケッチャーズはどれを試し履きしても、割と履きやすく感じますが、実は同じ様に履きやすく感じても、重要なソールの違いが実はあります!



その違いとは
①ソールがどこでも曲がるスニーカー
②ソールが1部分だけ曲がるスニーカー

ソールがどこでも曲がるのと1部分しか曲がらないもの、いったい何が違うでしょうか?



①ソールがどこでも曲がるスニーカー


ソールがどこでも曲がるスニーカーは、ソールの屈曲性が高く、素足感覚で履くことができます。


自分の足の動きを感じ、足が地面をとらえる感触を体感できるシューズです。
足の裏の筋肉、足底筋膜という筋肉をたくさん使うので、短い時間でトレーニング効果を得ることができます。

ただし注意点として、たくさん足底筋膜を使ってしまうので、長く歩くことなどの長時間のトレーニングに使用してしまうと、足底筋膜炎という怪我をしてしまうおそれがあります。

短い時間で使用することで大きな効果を得られるシューズ、時短トレーニングのためのシューズといえます。


②ソールが1部分しか曲らないスニーカー


ソールが1部分しか曲らないスニーカーは、どこでも曲がるスニーカーと違い、素足感覚などはなく、ソールが厚く踵からつま先にかけて傾斜のあるものが多いです。

あなたの足で確認してもらえますが、人間の足の裏は何箇所も曲がったりしません。
歩行する時に曲がるのは、足の指の付け根の部分の関節のみ大きく屈曲します。

シューズ自体も足の曲がる関節と同じ部分のみ屈曲するこによって、足底筋膜を過剰に使いすぎない様にサポートしてくれます。
こちらは長く歩くのに向いてるスニーカーといえます。


先ほどの時短トレーニング用とは違い足底筋膜炎などの怪我をしにくく、長時間のウォーキングなどのトレーニングにはこちらのシューズが向いているといえます。


まとめ

見た感じが同じでも、履いた感じが違います。
履く前に手でどの屈曲するのか確認してから、試しばきをするといいでしょう。

目的に合わせたソールのスニーカーを選ぶことで、怪我も予防できるのできます。
そして快適な毎日にしましょう。

今回は以上です。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!