足中心の生活

足のことや靴のこと+インソール。靴選びって、どうしたらいいの?あなたの足の不安に寄り添うブログ

靴の履き方、考えてみない?

靴の履き方、考えてみない?

靴の履き方、考えてみない?

こんにちは! 

 

今回は靴の履き方について書いていきたいと思います。

 

この記事を読むことで、靴の履き方について考えるきっかけになれば嬉しいです。

是非、最後までご覧ください。

 

 

 

靴の履き方で気づいたこと

職業柄と言いますか、ある意味職業病なんだと思いますが、私は人の足元を見てしまう癖があります。

毎日歩いている人の足元を眺めていると、ほとんどの方が足にあっていない靴を履いているなと感じてしまいます。

 

もしあなたがその1人だとしたら、今日すぐにでも改善の役に立ててもらいたい。

心からそう思っています。

 

 

まず、あなたはどんな靴の履き方をしていますか?


靴ひもを緩くしてすぐ脱ぎ履きできるようにしてる?

「靴ひもがついてないスリッポンだよ!」「ひもはギュウギュウに締めまくるよ!」など、いろんな方がいると思います。

私が靴屋で働いて、これまでに接客させていただいたお客様の割合で1番多かったのが、靴ひもを緩めに履く人です。

 

 靴ひもを緩めに履いてしまうと、足のトラブルが起こる場合があります。

 

足の爪や甲が気になる方はこちら

 

www.tamuson.work

 

 

なぜ緩めに履いてしまうのか?


私も子どもの頃そうだったんですが、親から言われた通りに靴を選び、脱ぎ履きが楽な靴が良い靴と思い込んでいる人が多いのではないでしょうか?

 

それは間違った選び方で、そして間違った知識が広まってしまっていることが原因だと言えます。

 

今では靴屋さんのほとんどがチェーン店ばかりになり、靴の知識があっても足の知識がない人が販売しているお店が多いようです。

なぜなら大量生産、大量販売してるので、売上が大切だとの認識が強く、お客様の足のことを親身に考えれている人が少ない現状です。

 

靴を販売する上で足が入ればいいと考え、足の知識がない販売員ほど、大きめの靴や緩めに履くことをすすめてくることが多いように感じます。

 

もし、靴のサイズが合っていない可能性がある方はこちらもご覧ください↓

www.tamuson.work

 

 

靴の正しい履き方


①ひもを緩めて足をいれたら、必ず踵が靴に付くように、靴と踵に隙間がないことを確認する。そうすることで指先にゆとりができ、指を使いやすくなります。

 

足にあわせて靴ひもを締めていく

足は手と同じでたくさんの関節の集まりです。緩すぎず、フィット感を感じるように1番上まで締めましょう。

特に上から2.3番目を少し強く締めることで、足が前の方に入っていくのを防いでくれます。

締めた時にひもの間隔がとても狭くなってしまう人は、足幅の合ってない靴を履いている又は靴をオーバーサイズで履いてしまっているので、見直しが必要になるでしょう。

 

歩行して確認する。歩いた時に締めすぎて痛みがないか?きちんと靴に踵がついているか?指先にゆとりがあるか?など確認をすることでベストな履き方が見つかります。

 

 

まとめ

今日からすぐできるような内容ですので、もしよかったら試してみてください。

正しい履き方をすることで、パフォーマンスも上がりますし、その靴の本来の履き心地になりますよ。そして、筋肉の使い方も正しくなるので、足の疲れ方も変わってくるでしょう。

 

せっかく高くてオシャレなお気に入りの靴を購入しても、履き方が悪いと台無しです。履き方が原因で足にダメージを与えることも多々あります。

 

お金を払って足を傷つけては意味がありません。靴はオシャレのため、そして足を守るために履いています。皆さん足を大切にしてください。長寿の時代だからこそ、ずっと歩き続けるために。

 

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございます。ツイッターもやってますので、そちらでもお気軽に絡んでください。