足中心の生活

足のことや靴のこと。靴選びって、どうしたらいいの?を解決、改善していくきっかけになりたい。そんなブログ

あなたの靴のサイズ、本当にあってますか?

みなさんこんにちは!
靴屋さんに行くとたくさん靴があって迷ったりしますが 、その時助けてくれるのが店員さんですよね。サイズを頼み 履いてみる、でもサイズ感がなんとなくキツいと伝えるとあっさり  

「大きめの方がいいですよ」

と勧めてくる店員さん、結構いると思います。そう言われて、じゃあ緩い方の靴にしようと決めてしまうことありませんか?このやりとりが普通に感じますが、この選び方だと足に合わない靴を選んでしまう恐れがあります。

じゃあ どうすれば良いか?

目次




①まず採寸してもらう

子供の時は足のサイズを測ってもらいますが、あなたが最近足のサイズを測ったのはいつでしょう?
だいたい自分のサイズはこのサイズだと、感覚的に決めていませんか?
大人になってから測った経験がない方は、まず足計測をしてもらいましょう。
人は左右差がありますので、右足の実寸、左足の実寸、どちらも把握する必要があります。人によって足の長さ、足幅がそれぞれ違います。今のあなたの実寸を知ることがとても大切です。1度測っておくとこれからの靴選びの目安になります。サイズを把握していない方は、まず採寸してもらいましょう。

②指のタイプを確認する

指のタイプって何?って思われますが、日本人の足には3タイプいると言われています。

エジプト型

日本人で最も多いタイプで、親指が1番長いタイプ

ギリシャ型

エジプト型の次に多い、親指より人差し指が長いタイプ

スクエア型

かなり少なく5%程の人で、足の指の長さが同じくらいのタイプ

あなたはどのタイプですか?特にパンプスを選ぶ時は非常に重要になってくると思います。
足のタイプによって選ぶ靴が変わってくるので、自分の足のタイプを確認しておきましょう。



③インソールで確認する

採寸をすることで、正確なサイズがわかります。インソールが外せる靴(特にスニーカー)の場合は、インソールを取り出し、足を乗せて確認すると、より足に合っているか目で確認できます。
メーカーによって基準が違い、規格の差もありますので、インソールフィッティングがとても意味のあるフィッティング方法です。
特に子供の足に合っているかわからない場合、インソールフィッティングがとてもオススメです。

④両足試し履きをする

スニーカーと革靴ではサイズ感がちがうので

スニーカーを選ぶ時は実寸+0.5〜1.0cm大きいサイズ、革靴の場合は実寸で試しましょう。

サイズの確認ができたら履いてみて、しっかり靴紐で踵にフィットさせましょう。それが出来たら

必ず歩いて確認する

脱ぎ履きで選ぶ方が多いと思いますが歩くこと、これが非常に大切です。足も手と同じで沢山の骨と関節でできています。歩くことによって足の形が変わるので、 歩行時に踵がゴソゴソしない、靴のフィット感を感じるかなど、歩いてしっかり確認しましょう


⑤親身に対応してくれる靴屋さんを見つける

人生100年とも言われている現在、外反母趾など足の悩みを抱えてしまうと、長い人生辛くなってしまいます。価格やトレンドだけで購入して、気がつかない内に足の崩れを招いてしまっている人が沢山います。足を採寸してくれたり、親身に対応してくれたり、ある程度知識のある靴屋さんでの購入をお勧めします。信頼できるお医者さんと同じで、信頼できる靴屋さんを探してみてはいかがでしょうか?

この5つを試したことがない方は、是非試してみてください。今までより足が楽になったり、疲れづらくなると思います。

最後までお読み頂きありがとうございます!
皆さんの靴選びに少しでも貢献できれば幸いです!